あついぞ.comは熊谷周辺の情報発信ポータルサイトです。
「あついぞ!熊谷」シンボルキャラクター:あつべえ
  

イベントカレンダー
前月2019年 12月翌月
1
聖天山朔日参り朝採り野菜市星川あおぞら市
2
3
熊谷の地名の語源リサーチ―熊谷史のルーツを探る―
4
5
6
7
井内鈴子・クリスマスコンサート ギター・コーラス・チェロの演奏とんぼ玉づくり体験講座
8
長慶寺社寺彫刻シンポジウム酉の市
9
手相鑑定会
10
11
12
13
スターライトイルミネーション2019 ~イルミネーション&ライトアップ~
14
15
【12/13申込〆】エコパークボランティア「火入れの準備」
16
おもちゃ病院
17
熊谷わくわくウォーキング教室
18
『熊谷なないろ食堂』(毎月第3水曜日)
19
20
『熊谷なないろ食堂』(毎月第3金曜日)
21
2019.12.21バレエ白鳥の湖(発売開始8月22日)
22
PLACE MARKET vol 30 Shop info.ポプリ「クリスマスコンサート」
23
「みんなの家子ども食堂」『熊谷なないろ食堂』(毎月第3金曜日)
24
25
『熊谷なないろ食堂』(毎月第4水曜日)
26
27
映画「森は生きている」(アニメ)『熊谷なないろ食堂』(毎月第4金曜日)
28
29
30
31
実施日 実施日  

今日の予定

今後の予定

NEWS
NEWS : 富岡製糸場にゆかりある「片倉シルク記念館」を訪ねてみませんか。(一部、市HPより転載)
投稿者 : kuma09 投稿日時: 2015-01-08 14:52:10 (3659 ヒット)
  • 印刷用ページ

片倉シルク記念館

「片倉シルク記念館」は、片倉工業株式会社最後の製糸工場であった熊谷工場の繭倉庫を利用して創設された記念館で、
平成19年には経済産業省の「近代化産業遺産」に認定されています。
同社の製糸業121年におよぶ歴史を、末永く保存継承するために、熊谷工場の操業当時に使われていた製糸機械が展示され、
繭から生糸になるまでの過程が紹介されています。

所在地   熊谷市本石二丁目135番地
開館時間  10時~17時
休館日   月曜及び火曜(年末年始、夏季お盆期間、その他臨時休業有)
入館料   無料

「富岡製糸場と絹産業遺産群」が世界文化遺産へ

このたび、「富岡製糸場と絹産業遺産群」が世界文化遺産に正式登録されました。
明治5年に創業した官営富岡製糸場は、民営化後、昭和14年に現在の片倉工業株式会社に合併されました。
その後、昭和62年に操業を休止し、平成17年に同社から富岡市に寄贈されました。
かつての熊谷も同社の製糸工場や蚕業試験場、繭検定所など、養蚕関連の工場や関係機関が立地し
“養蚕の街”として栄えたご縁もあります。
今回の富岡製糸場の世界遺産への登録勧告を機に、シルクが伝えるふるさとの歴史に思いをはせながら、
「片倉シルク記念館」を訪ねてみませんか。

以上熊谷市ホームページより転載 http://www.city.kumagaya.lg.jp/kanko/midokoro/katakuraindustries.html

富岡製糸場ホームページ
http://www.tomioka-silk.jp/hp/index.html

片倉工業株式会社「片倉シルク記念館」
http://www.katakura.co.jp/company/memorial.htm

片倉工業株式会社
片倉工業と富岡製糸場が歩んだ歴史 ― 「富岡製糸場と絹産業遺産群」世界遺産登録おめでとうございます。
http://www.katakura.co.jp/tomioka.htm

 

片倉シルク記念館」


建物の手前の樹は、桑の木です。

熊谷駅北口壁面の鳥瞰図 右が「熊谷工場」、左が「石原工場」



(c)2007-2019 あついぞ.com